大豆イソフラボンの効果とは?

大豆イソフラボンには、どんな効果がある?

更年期障害にも効果がある大豆イソフラボンは女性ホルモンに酷似しています。

大豆イソフラボンの摂取。実は食生活では補いきれない?

読了までの目安時間:約 2分

daizuuuuuuuuuu

毎日のご飯のときにお味噌汁を毎回飲んでいますか?豆腐や納豆が食卓にのぼるでしょうか?それとも今日はいくつ大豆製品を口にしたのでしょうか?

どれだけ大豆製品を摂っていないのか一目瞭然です。毎食味噌汁を飲んでいる人はほぼいないでしょうし、和食派の女性でもたまには味噌汁を手抜きします。

晩御飯が欧米食だと味噌汁はまず出ませんし、ランチタイムにわざわざ持っていくのも・・・

と味噌汁1つでこれだけ大騒ぎになるのですから、かつて伝統的だった食生活は豆腐や納豆、お味噌汁というものが揃っており、必ず食卓にはあるものでした。

しかし食の欧米化によってそれも変わりつつあります。年齢層が若ければ若いほどに大豆イソフラボンの摂取は少なくなっています。

大豆イソフラボンの効果はバストアップや栄養価の高さ、ヘルシーであるということも加えると完全食のようにも思えますが、逆に日本から遠のく存在です。

食事でイソフラボンを摂ろうと思うとかなり難しい!

大豆イソフラボンを食事で摂ろうと思ったら、まず目安は1日30mgと言われています。

お味噌汁にすると6杯になり、豆腐は2分の1、納豆は2パックに相当する昔ながらの食卓ならクリアできた問題でしょうが、今それをしようと思ってもなかなか難しいです。

油揚げ、がんもどきなども豆腐バリエーションを増やすコツの1つですから具だくさんの味噌汁を作って、メインで飲むといいですね。

意識の持ちようで、1日1回は豆腐料理を食べる、と決めるだけでも大分食事から大豆イソフラボンを摂取し、その効果を高めることができます。

 

食生活

この記事に関連する記事一覧

home
TOPへ戻る